震災ADR シンポジウム

~仙台から熊本へ~

平成28年熊本地震の発生から既に3か月が経過しました。

震災からの復興に向けては、ひとりひとりの個別的な事情に応じた支援こそが、最も合理的です。特に、被災者間でのトラブルの解決に関しては、多くの場合、一方の当事者への情報提供だけでは解決できません。

しかし、直接、両当事者がその問題に取り組めば、早い段階で解決できる場合が少なくありません。

2011年東日本大震災の復興のため、仙台弁護士会震災ADRにおいては、管内の民事調停よりも多くの事件を解決しています。特に、建物被害関係での解決に役立った実績があり、これは14万軒の建物被害が出た熊本でも参考になるに違いありません。

熊本の生活やビジネスを立て直すために、震災ADRがいかに活用できるのか、具体的な解決例等を通してその可能性を探ります。

 

■ 日時:平成28年8月27日(土)午後3時00分~午後6時00分

 

■ 場所:熊本大学 工学部百周年記念館(熊本大学黒髪南キャンパス)
  http://www.kumamoto-u.ac.jp/campusjouhou/map_kurokami_2 (55番の建物)

 ※当日は、熊本大学構内の駐車場の利用ができますが、空きがない場合も 
    想定されますので、できる限り公共の交通機関を御利用ください。


■ 入場無料・予約不要

■ プログラム

 □ 基調講演

  「仙台弁護士会 震災ADRのスピリット」 斉藤睦男弁護士(仙台弁護士会)

 □ 実演

  「申立サポート弁護士の実演」
   竹内 豊弁護士(仙台弁護士会)
   斉藤睦男弁護士(仙台弁護士会)

 □ パネルディスカッション
 
  パネリスト
   斉藤睦男弁護士(仙台弁護士会)
   阿部弘樹弁護士(仙台弁護士会)
   坂本秀德弁護士(熊本県弁護士会)
   松村尚美弁護士(熊本県弁護士会)
   石原明子准教授(熊本大学)
   秋田壮児審議員(熊本県消費生活課)

  司会
   入江秀晃准教授(九州大学)

■ 主催 熊本大学 大学院社会文化科学研究科 交渉紛争解決・組織経営専門職コース
             紛争解決学・合意形成学の拠点研究
             法学部
■ 問い合わせ
      入江(九州大学・熊本大学) 電話092-642-3174 hirie@law.kyushu-u.ac.jp

      石原(熊本大学) aishi@kumamoto-u.ac.jp 


ダウンロード
震災ADRチラシ
震災ADRシンポチラシ汎用 問い合わせ先 地図付き.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 371.4 KB